LINEで更新情報を受け取る

蜷川実花さんのイマジニング・ザ・マジックの写真集(一般書店向け)が発売!

商品ゲストサービスは一時、完全否定していたイマジニング・ザ・マジックの写真集が講談社が発売し一般書店に並びます。

ただし、パーク内のものとは異なるものとなりそうです。

フォトグラファー蜷川実花が発表

https://twitter.com/ninagawamika/status/1102856576535162881

大人気グッズを手がけたフォトグラファー蜷川実花さんの公式Twitterで発表されました。

RT数も大変多く反響はものすごいですね。

公式(オリエンタルランド)は反応なし

ディズニーリゾートを手がけるオリエンタルランドはこの書籍については、講談社という別会社からリリースするからなのか一切言及していません。(記事執筆時)

そして肝心のパーク内で販売される写真集についても同様にいまだ反応(再販日のお知らせ)はありません。

商品ゲストサービスの回答

この方は写真集について発売日にゲストサービスに質問されたようです。

そこでは”絶対に無い”と返答されたとおっしゃられています。

講談社側

発売日の段階で講談社側に問い合わせた方もいらっしゃいました。

ここでも触れている通り同じものでは無いものが実際に発売されます。

パーク版と書店版ではどこが異なるのか

著作物ですので画像についてはネット上で出ているものをご自身で検索していただければと思います。

それぞれ特徴を書いていきます。

パーク版

  • 表紙がミッキー
  • 紙も高級紙で講談社版よりも質が良い
  • ハードカバー
  • コンパクト(B6サイズ)

講談社(一般書店向け)

  • 大容量でパーク版には収録されていない写真も収録
  • サイズが管理しやすいA4
  • ソフトカバー
  • 予約などを考えれば購入しやすい

表紙について ミッキーが表紙なのはパーク版に軍配か

表紙がミッキーか白雪姫なのか。これは気にしてしまうポイント。

ミッキーはディズニーとって特別なキャラクターであると同時に、ファンにとっても特別なキャラクターであることは疑いようもありません。

パーク版は見るとミッキーで物欲がそそられるグッズです。一方講談社(一般書店向け)版は白雪姫を表紙にしており、ここでもまたもしかしたらニューフェイスの影響が出ているのかもしれません。(個人の推測です)

遂に!噂が現実に!ミッキーとミニーがニューフェイスに!

掲載写真は一般向け写真のほうが多い

これまた悩んでしまうポイントとして、掲載内容も両者に違いがあります。

パーク内版は全48ページ、講談社版は84ページと倍までは行かなくともページ数でも大きな差があります。

また、サイズもパーク版がB6サイズとコンパクトであるのに対してA4と写真集の一般サイズで、B6と比べると圧倒的に面積にも差が出るので掲載量でも差は出てしまうかと思います。

ソフトカバーかハードカバーか

そして異なる部分で、写真集がソフトカバーかハードカバーかということ。

講談社版は一般書店向けということもあり、写真集では一般的なソフトカバーを採用。

逆にパーク版はページ数が少ないことを逆手に?取りハードカバーと、上級紙を採用。

これらはそれぞれにいいところ、悪いところがあると思います。ソフトカーバーは折り曲がりやすく、完璧な状態で保管するには向かないでしょう。ハードカバーは保管という意味では優れていますが、閲覧となるとおりまがりのあとも出たりします。

ソフトカバーかハードカバーか。書籍ではなく写真集ということになるとより一般的であるのはソフトカバーかとおもいますが、ハードカバーは図鑑のような重厚感、高級感を出すことが出せるのはハードカバーでの特徴にもなるのでこれまた悩ましい問題ですね。

どちらも入手何度は高め

パーク内版は3月22日にディズニーランドに入園する必要があります。3月22日は春分の日と土曜日に挟まれてる平日ということもあり入園が難しいという方も多いはずです。

そしてそもそもその日にどれくらいの数を用意できているのか不明瞭です。

公式アプリでのみ注文可能パークに入園したはいいものの30分も持たずに完売ということもあり得ると予想しています。

そして当日はその他にグランドフィナーレのポージープラッシーとイマジニング・ザ・マジックのキャンディーが再販予定です。

3月22日(金)に再販されるグッズ

  • イマジニング・ザ・マジック 写真集 パークチケット1枚に付き1点まで
  • 同シリーズ キャンディー パークチケット1枚に付き3点まで
  • グランドフィナーレ ポージープラッシー(ミッキー&ミニー) パークチケット1枚につき2点まで

上記のように写真集はいらないがポージープラッシーはほしいという方が出てくるので入園待ち自体が争奪戦になるでしょう。

一方で誰でも入手できるであろう写真集もこのままだと初版の入手は極めて困難である可能性がございます。

筆者確認で発売日である3月8日の2日前ではネットショッピングのAmazon、楽天市場では既に売り切れ表示となっており、Amazonにいたっては転売商品も既に出品されています。

そして書店を見回してもなかなか見かけていないという方もおおいかもしれません。ちなみに筆者は楽天ブックスで予約しておりますが、3月7日にメールが来ました。

日頃より楽天ブックスをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
以下のご注文商品につきましてご連絡申し上げます。

注文番号:(省略)
商品名 :TOKYO DISNEY RESORT Photography Project Imagining the Magic Photographer Mika Ninagawa HAPPIEST MAGIC [ 蜷川 実花 ]

この度「予約受付中(発売日以降のお届け)」としてご注文を承りましたが、弊社で初回入荷数を上回る数のご注文をいただいており、発送に遅れが生じております。
商品の確保は完了しておりますが、現在、出版社で重版を行っており、2019年3月末頃の発送を予定しております。

長らくお待たせしてしまうこととなり、誠に申し訳ございません。
発送の際にはあらためてご連絡いたしますので、お待ちくださいますようお願い申し上げます。

その他、ご不明な点がございましたら当メールへご返信ください。

この度は弊社をご利用いただいたにもかかわらず、ご不便をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。
——————————————————————–
【楽天ブックス】

http://books.support.rakuten.ne.jp/
——————————————————————–

発売はされているものの購入できないという方が多く出てしまいそうですね。購入を希望している方は早めの来店、なければ予約したほうがいいかもしれません。

人気すぎるグッズ(書籍)を取り扱うのは企業側も大変ですね。

どっちがほしい?いやどっちも買う?

相変わらずの人気っぷりが明らかになっていますが、みなさんはどちらを購入しますか?それともどっちも買いますか?アンケートにぜひご参加ください。

投票の前提条件:パーク版は物理的な(遠方だから)理由は排除してください。

イマジニング・ザ・マジックの写真集どれを購入する?