LINEで更新情報を受け取る

ピエール瀧逮捕で日本語版アナ雪、オラフの声がピンチ 影響は必至

朝から驚きのニュースが日本中に流れました。それは電気グループで俳優のピエール瀧さんが逮捕されたというニュースが流れました。容疑は麻薬取締法違反ということでなかなか芸能界復帰は難しそうな状況です。

そんな一俳優さんの逮捕がディズニーにも影響を及ぼしそうです。

世界中で大人気「アナと雪の女王」のオラフ役

空前の大ヒットとなり。既に第二弾の公開が決まっている「アナと雪の女王」そんなアナ雪の愛され人気キャラクターオラフの声は今回逮捕されたピエール瀧さんが務めています。

通例では、逮捕された芸能人の起用は基本的にありえません。更にいうと既に公開済みの作品も基本的には放送されなくなったり、インターネット上で公開されている動画も非公開になったりします。

そして既に氏名を伏せた上でディズニー・ジャパンは日本語版声優の変更をHP上にお知らせしています。

参考 『アナと雪の女王』声優交代に関するお知らせディズニー公式

短編も含めて作中のほぼ全てに登場するオラフの役を演じるピエール瀧さんの出演作は多いだけに影響は必至でしょう。

公開済みに関しては差し替え

映画「アナと雪の女王」は子供を中心に若年層の心をしっかりと掴んでおり、今後も販売されることから該当箇所に関しては声優を変え販売されるでしょう。

既に発売されているものは変更することができないのでピエール瀧の声のオラフは残りわずかとなるでしょう。

オリエンタルランドも対応が必至

タイミングよく?人気イベント「アナと雪の女王 フローズンファンタジー」は昨年度にて終了していますし、2019年度冬のイベント(2020年1月スタート)はまだ詳細が発表されていませんので、パーク内での現在は影響はほぼないといっていもいいでしょう。

ですが、2022年にオープンを予定してる拡張エリアにはアナ雪エリアが用意されることが決まっているので、新オラフ役の声優さんが務めることになるでしょう。

またイベントごとに発売しているサウンドトラックにももちろんオラフの声が登場しているため、他に倣うとディズニーが決めた声優さんにお願いすることになりそうでしょう。

イベントのサウンドトラックということもありどこまで対応を行うのか。

間もなく始まる定額動画配信サービスはどうなる?

ディズニー・ジャパンはNTTドコモと組み、定額動画配信サービス「Disney DELUXE(ディズニーデラックス)」を開始します。

そのなかにはもちろん「アナと雪の女王」も目玉作品として含まれていますので、作品自体を除外とするのはまずありえないでしょう。となると当分は字幕版のみ配信となるのでしょうか。

吹き替え版でのオラフはなかなかキャラが立っていて映画の人気自体にも影響したとおもっていたので今回の報道ははまり役との声があっただけに大変残念ではありますが、仕方ありませんね

ちなみに記事執筆時には配信を行っていたU-NEXTでは吹き替えもしっかりと配信されています。