LINEで更新情報を受け取る

2つのエリアを周遊する本物の蒸気機関車”ウエスタンリバー鉄道”概要

ジャングルクルーズと同様に東京ディズニーランド開園からずっと同アトラクションは本物の蒸気機関車であり、プラレールになって発売されるなど小さなゲストに大変な人気を誇っています。

ごくごくまれにオリジナルコスチュームを着たミッキーが表れるようですが、私も見たことがありません。とても気になります。

鉄道とアトラクション名につけられていますが、1つの駅でのみ乗降でき「ジャングルクルーズ」の乗り場の上にございます。アナウンスはゆったりとしていて聞き心地がよく約12分の鉄道のたびを満喫させてくれます。

ウエスタンリバー鉄道概要

蒸気機関車に乗ってアメリカ西部をめぐる旅へ出発。

[タイプ] ライド、移動・周遊、大きな音がする、暗やみをすすむ
[対象] 身長制限なし
提供:株式会社タカラトミー

”ウエスタン”と命名されていますが、駅の乗り降りの場所は”アドベンチャーランド”にあり、メインの通過エリアが”ビッグサンダー・マウンテン”のあるウエスタンランドになることからこのような名前になっています。

約12分間かけて「アドベンチャーランド」、「ウエスタンランド」と「クリッターカントリー」を見ながら運航します。

舞台は西部開拓時代でアメリカの原住民インディアンや動物たちと出会い、最後にタイムスリップをして恐竜と対面します。

恐竜がでてくるので、もしかしたら小さなゲストは怖がってしまうかもしれません。

待ち時間は常に15分から20分程度です。混雑具合によっては40分近くなることがあります。
ただし、注意が必要なのは夜の時間帯。花火が打ち上げられる日はその時間帯のみ花火の打ち上げ場所が近いこともあり一時運営を休止します。

乗る場合はできれば午前中だと空いていることが多く1度に140名の乗れることもあり待つことなく乗れるということもあります。

本物の蒸気機関車がパーク内を走る!

ディズニーの多くのアトラクションは電気でのシステムによって運営されていますが、このウエスタンリバー鉄道は灯油を使った本当の蒸気機関車なんです。

ですので、キャストのかたは本当に運転をしておりブレーキ音も本物になります。また、乗降エリア手前には給水塔があり運航に必要な水を補給しています。

車種は現在4種類あり、内3種類は開園当時から運航しています。

  1. コロラド号
  2. ミズーリ号
  3. リオ・グランデ号
  4. ミシシッピ号

このアトラクションを楽しむ際にはぜひ右側に座りましょう。

右側に多くの動物などの見るスポットがあります。左側はディズニーランドの淵に当たるので見るべきものは出てきません。お子様や初めてのゲストは右側にのるのがオススメですね。

アトラクションの評価
混雑具合
(2.0)
絶叫度
(1.0)
世界観
(4.0)
総合評価
(3.0)
映画化も⁉船長のセリフがおもしろい”ジャングルクルーズ”概要